診断書

診断書は以下の区分により、8種類に分けられています。

診断書による区分 主な病気・ケガの名称
眼の障害 白内障、緑内障、ブドウ膜炎、眼球萎縮、癒着性角膜白斑、網膜脈絡膜萎縮、網膜色素変性症など
聴覚、鼻腔機能、平衡機能、そしゃく・嚥下機能、言語機能の障害 メニエール病、感音性難聴、突発性難聴、頭部外傷や音響外傷による内耳障害、外傷性鼻科疾患、咽頭摘出術後遺症、上下顎欠損など
肢体の障害 上肢や下肢の離断または切断、上肢や下肢の外傷性運動障害、脳出血、脳梗塞、脳軟化症、重症筋無力症、関節リウマチ、ビュルガー病、脊髄損傷、進行性筋ジストロフィー、変形性股関節症、線維筋痛症、脳脊髄液減少症など
精神の障害 老年および初老期認知症、その他の老齢性精神病、アルコール精神病、頭蓋骨内感染に伴う精神病、統合失調症、躁うつ病、うつ病、てんかん性精神病、高次脳機能障害、知的障害、広汎性発達障害など
呼吸器疾患の障害 肺結核、じん肺、気管支喘息、慢性気管支炎、膿胸、肺線維症など
循環器疾患の障害 慢性心包炎、リウマチ性心包炎、慢性虚血性心疾患、冠状動脈硬化症、狭心症、僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症、心筋梗塞、慢性心不全、拡張型心筋症、心臓ペースメーカーや植込み除細動器(ICD)または人工弁の装着、悪性高血圧、高血圧性心疾患など
腎疾患、肝疾患、糖尿病の障害 慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎、慢性腎不全、肝硬変、多発性肝膿瘍、肺がん、糖尿病など
血液・造血器、その他の障害 白血病、がん、尿路変更術、人工肛門や新膀胱の造設、ダンピング症候群、ヒト免疫不全ウイルス感染症(HIV)、慢性疲労症候群など

・認定日以降3ヶ月以内の「現症日」のもの

・20歳前に初診日がある場合は、20歳到達日の前3ヶ月以内または到達日以降3ヶ月以内の「現症日」のもの

・上記の場合で認定日が20歳以降にある場合は、認定日の前3ヶ月以内または認定日以降3ヶ月以内の「現症日」のもの

・認定日と請求日が1年以上離れている場合は、直近の診断書(請求日以前3か月以内の「現症日」のもの)も必要

・事後重症の場合は請求日以前3ヶ月以内の「現症日」のもの

・呼吸器疾患の場合、レントゲンフィルムの添付も必要

・循環器疾患の場合、心電図コピーの添付も必要


料金と手続きへ戻る

ページのトップへ戻る